sitemap

画像

画像
立教女学院同窓会ホームページ HOME>活動>東日本大震災復興支援活動 >お知らせと報告

ワークショップ開催のお知らせ (2018年11月)

復興支援活動 ワークショップ同窓生のためのクリスマス礼拝に向けて、楽しくおしゃべりしながら手作り小物を作るワークショップを開催いたします。

手仕事がお好きな方はもちろん、苦手な方もお茶を飲みながら楽しい時間をご一緒できたらと思います。(参加費が被災地への寄付になります。)

ご自身の作品、またはメンバーの作品一つをお持ち帰りいただけます。

日時: 12月17日(月)
10:00〜15:00
場所: ウィリアムズホール
同窓会室にて
参加費: 500円

復興支援活動 ワークショップ時間内でしたら出入り自由ですので、ご都合に合わせてお出かけください。

茶菓子の用意はありますが、お昼を召し上がる方はご持参ください。

参加ご希望の方は、校内セキュリティーのため、事前に同窓会事務所までご連絡ください。

同窓会事務所: dosokai@rikkyojogakuin.ac.jp
  03-3332-4039(平日午前中)

 

ワークショップ開催の報告 (2016年10月)

ワークショップマーガレット祭に向けたワークショップが10月14日、10名の方にご参加いただき賑やかに開催されました。 今回はカルトナージュを指導くださる同窓生のてほどきで初めての作業となりましたが、針も糸も使わないということで今までおしゃべり担当だった方も張り切っていらっしゃいました。 可愛く、きれいな作品が出来上がりましたのでマーガレット祭の手作り品バザーを楽しみにいらしてください。

 

寄付のご報告 −東北3県の子供たちのために− (2016年9月)

未曾有の東日本大震災以来、少しずつでも息の長い支援を・・・と始まった同窓会の災害復興支援活動も5年目になりました。

今年も福島・宮城・岩手の3県へ、被災した子供たちの教育資金として各10万円をお送りすることができました。

クリスマス礼拝などの折に皆様からお寄せいただいた献金やご寄付、 ワークショップ等で作りためた手作り品のバザー、チャリティーランチ券など、同窓生の皆様にご協力いただきありがとうございます。

どうぞこれからもご支援をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

チャリティーランチ券のお知らせ (2016年9月)

災害復興支援担当グループでは「チャリティーランチ券」の企画をしています。提携店のランチに+500円の寄付を載せたチャリティーランチ券を同窓会事務所で販売しております。ジュアン レ パンこの寄付が災害復興支援の募金になります。

溜池山王の「かえりやま」(ランチ券2800円)に加え、この度新しいお店が加わりました。鎌倉駅西口より徒歩7分の「ジュアン レ パン」というフレンチレストランです。鎌倉散策と共にお楽しみいただいてはいかがでしょうか?(ランチ券3000円)

ジュアン レ パン のホームページはこちらから

 

災害復興支援担当からの報告(2015年11月)

マーガレット祭にて

復興支援グループ マーガレット祭

10月24日(土)と25日(日)の二日間、これまで製作してきた小物を販売いたしました。

24日は夏のような暑さの中、そして25日には正反対に、品物も飛ばされそうな北風の吹きすさぶ中(実際に籠ごと飛ばされてしまいました〜!)、ケヤキの木の下にお店を出しました。たくさんの児童、生徒、学生の皆さんとお母様方が寄ってくださり、たくさんのグッズをお買い求めいただきました。三年目ということで、嬉しいことに、今年はないの?と作品を覚えていて楽しみに立ち寄ってくださる方もいらっしゃいましたし、同窓生以外の職員の方なども休み時間に入れ替わりいらしてご協力くださいました。

同窓会室の中では、主にタッセルのクリスマスバージョンを製作するワークショップをいたしました。 「赤が多い方が良いよ!」「でもクリスマスカラーを考えたら深い緑と金色でしょう!」とか、お茶室が少し暇なときには、ワークショップ担当のグループメンバーを先生に、同窓生たちの楽しそうな助言、注文が飛び交っていました。

来年もご参加をお待ちしています。

(災害復興支援担当 内藤光子記)

 

復興支援担当グループからの報告 (2015年2月)

やってみました!復興支援ワークショップ トライアル

復興支援担当グループ

一緒に楽しく手を動かす。その輪の中から支援のための作品と新しいアイディアが生まれてくることを期待して、復興支援担当グループはワークショップを計画しました。その最初のステップとして、作りたいものを持ってきて、あるいは用意されたものを使って、手仕事大好きなお仲間の助けを借りながら、まずは自分の手で作ってみる。それが得意でない人も、おしゃべりの輪を広げてみよう、お茶入れ係を引き受けよう等々。とにかくいろいろやってみよう!

というわけで、ワークショップトライアルやってみました! 1月24日!

復興支援担当グループ同窓会室に20名ほどが集まりました。 作業台の上は毛糸やビーズ、道具に加え、お菓子の箱、飲み物のコップであふれ、教え合う声、語らう声、笑い声が飛び交い、ビーズのブレスレットや髪飾り、コサージュ、タッティングレースのしおり、ネックレス、ニードルポイントのコースターと次々と作品が生まれ、楽しい雰囲気の中、新しいものを作り出すアイディアがどんどん湧いてくるようでした。床暖房の効いた床に座って編み物をされた方は、快適でお仕事が思いのほかはかどったとご満悦でしたし、手仕事が苦手!と言っていた人も、カセの毛糸を巻き取って玉にする器械を使ってできた箱いっぱいの毛糸玉を前に満面の笑み!

復興支援担当グループこのワークショップでは、同窓会総会を始め、マーガレット祭、クリスマス礼拝などで販売できる作品の手作りをめざし、その収益を同窓会が進めている震災復興支援活動の一環として、東北3県の子ども達の学資、教育に関わる基金に寄附することを目的として継続していきます。お誘い合わせてお気軽にご参加ください。4月29日の総会にはどんな作品が並ぶでしょうか!どうぞお楽しみに。

(復興支援担当グループ 内藤光子記)
2018年度
活動予定
幹事会・役員会 日程
お知らせ
同窓生のための
クリスマス礼拝
活動の記録
2018年マーガレット祭
2018年同窓会イベント
「山形由美 meets
フレンズ」
2018年総会
2017年クリスマス礼拝
東日本大震災復興支援活動
復興支援活動について
お知らせと報告

PageTop

copyright © 2005-2018, St. Margaret's Alumnae Association All rights reserved.