sitemap

画像

画像
立教女学院同窓会ホームページ HOME>支部>支部だより>東北支部

東北支部だより 2017.10

雨雲の流れに合わせ、急な雨が降ったり、稲妻が光ったり、陽が射したりと、目まぐるしく変わる天候の中、去る9月30日(日)、ホテルメトロポリタン盛岡にて、東北支部会が開催されました。

酒田から平野さん(S45)、仙台から尾坂さん(S31)、宮古から菅原さん(S35)、開催地の盛岡からは、山本さん(S50)、2017年 東北支部会三浦さん(S54短専)、小笠原さん(S62)、そして東京から高木さん(S36)、豊中から栗山(S41)。初めての岩手県での開催とあって、4名が初参加でした。

自己紹介をするうち、出身地が同じだったり、共通の仲間がいたり、世代を越えて相通じる話題に、時を忘れました。菅原さんは、津波で家が全壊。その後に再建なさったものの、新しくできた防潮堤の水門に流木が詰まり、昨年の台風で2度目の被災をなさったそうです。未だに続く震災の余波、せめて人災だけは止めたいものです。被災にも負けず、精力的に活躍なさる先輩のお話に、エネルギーを頂きました。

天台寺の仏像その日は、平野さん、菅原さん、栗山の3人が金田一温泉で宿泊しました。電車の都合で、3人は支部会終了後、すぐに銀河鉄道に乗りましたが、残った人達は、更に喫茶店でお話を続けたそうです。金田一温泉は、座敷わらし伝説の発祥の地。座敷わらしに会うことはできませんでしたが、亀麿神社にお参りをしました。

2017年 東北支部会翌日は、快晴の旅行日和。二戸在住の中村さん(S52)と合流し、二戸の歴史や物産について、説明して頂きました。中村さんがお勤めの浄法寺歴史民族資料館、天台寺、滴生舎、九戸城跡、二戸シビックセンターの中の福田繁雄デザイン館。途中、古民家を利用した、二戸蕎麦の店で昼食。ここでも、お互いの東北体験談に、おおいに盛り上がりました。

支部会での出会いが、東北での新しい出会いを生み、母校を核とした人の輪が、更に拡がって行けたら良いですね。母校を通して、神様のお恵みを感じた2日間でした。

東北支部支部長 栗山はるみ 記

 

2016年 東北支部訪問記

立教女学院同窓会支部

各支部の連絡先等については、同窓会事務所にお問い合わせ下さい。

各支部名をクリックすると、支部だよりや支部訪問の様子がご覧いただけます。

国内
北海道支部
東北支部
神奈川支部
東海支部
関西支部
四国支部
九州支部
海外
ニューヨーク支部
ロサンゼルス支部
サンフランシスコ支部
ホノルル支部
トロント支部
パリ支部
ドイツ支部

PageTop

copyright © 2005-2018, St. Margaret's Alumnae Association All rights reserved.